変化する風俗業界

>

風俗業界は掃きだめなのか

自分を見失わないで

サービスに従事するスタッフはほとんどが日給制のようです。
また、金額が、日給で5万、10万円もありえるほどで、一般的なアルバイトやパートで稼ぐ金額とは比較にならないほど高額です。
しかし、こんなにお金を稼げる時期は短いものです。
特に新人の時期は収入を得やすいといわれており、この時期に浪費癖がついてしまい、時間がったって、同じような収入が得られないのに、出費のペースが落とせない状態に陥り、借金地獄に苦しむ女性も多いようです。
風俗嬢を選択する女性は、ほとんどがお金が目的。
目標をしっかりと持ち、短期間で業界を去る働き方が向いている業界でしょう。
ずっとこの業界で仕事を続けていくのであれば、年齢が高くなっても収入を得られるように、技術を学んだり、又は、経営側に回れるような経験や人脈を築くなど、常に自分の足元を確認しながら、目標を掲げるようすることが必要なのです。

心と身体をいたわって

お客様あってのサービスのため、指名がとれない、またはマナーの悪いお客様に合ったってしまったり、はたまた、同僚から嫌がらせを受けた、など、心や身体を痛めることもあるかもしれません。
傷ついた心を治せるのは、本当は自分だけです。
家族や恋人やペットなどは、癒しを「与えて」くれても、治してはくれません。
強くなれとは言いませんが、自分を認めてあげて、そして、たまには自分をほめてあげるようにしてください。

お客様は、サービスの質を求める方も多いと思いますが、同時に、自分を癒してくれる存在を求めているということも忘れないでください。
心に余裕をもって接すれば、相手の気持ちを思いやり、最大のサービスを提供しようという気持ちも生まれるはずです。
ここに、すべてのビジネスに通じる「Win-Win」な関係が生まれるのです。


この記事をシェアする