風俗業界で働くための心得

変化する風俗業界

風俗業界は掃きだめなのか

風俗といっても、頭を使ってお客様を喜ばせる人、心を砕いてお客様を寛がせる人、体を使ってお客様を満足させる人、さまざまです。 いずれにしても、そのお店のナンバーワンを走り続けるのは相当大変なことです。 心も体も、ボロボロにならないように、目的を持ってそれぞれの仕事にチャレンジすることが大切だと思います。 ...続きはコチラ

風俗業界を目指す男性たち

誰でも簡単に入れる、と思われがちな風俗業界。 確かに、一般企業それも一流企業に入る場合に比べると、垣根は低いかもしれません。 また、高給が望める業界ではありますが、仕事をしっかり理解して動かないと、自分を見失い、足元をすくわれることもあります。 ...続きはコチラ

風俗業界はどこへいく

「性風俗関連特殊営業」を行う届け出は全国で3万件を超え、年々増え続けています。 内訳は無店舗の「デリヘル」系と映像送信型性 風俗特殊営業、つまりライブチャットなどの届け出が増加し、実店舗は減少の傾向にあります。 特にネット上でのサイトは増えており、実店舗を利用する顧客が流る傾向にあるようです。 ...続きはコチラ

風俗業界で働く女性たち

風俗業界というと、一般的には性的サービスを提供する業態と考えられています。
風営法と略される「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」によると、ゲームセンター、パチンコ店も、ホストクラブもキャバクラも風俗営業です。
性的サービスを提供する業態は「性風俗関連特殊営業」と定義され、正確には風俗営業とは異なる業態なのです。
とはいえ、一般的に風俗業界とくくると性的サービスについての情報を期待されがちなので、今回はターゲットをこちらに絞って書いていきます。

少し前までは、キャスト(女性スタッフ)は店の駒で、がしがし働かせてなんぼ、的なダーティーな印象を持つ営業スタイルの店が多く存在していました。
しかし、最近は、社会保険や雇用保険への加入など、福利厚生も充実したクリーンな企業としてこの業界をけん引している風俗店も増えてきました。
そして、徹底したマーケティングや広告宣伝ツールなどを駆使し、お客様の嗜好とのマッチングも研究し、しっかりとした戦略をもって効率よく営業しています。
結果、もともと単価の高い「性的サービス」をもとに莫大な利益を生み出すこととなり、従事するスタッフの収入にも反映されているのです。
一般企業に勤めていた人材が、高給が望める風俗業界を目指すという現象も起きているようです。

経営の目線で見ると、かなり進化した印象を受けます。
サービスを提供する側の女性に対しても、心や身体のケアなどにも配慮され、就業環境は向上しています。
しかし、サービスの内容自体は変わらないので、相変わらず体裁や偏見に悩まされる職種であることは変わりません。